トヨタをつくった「大野耐一の鬼十訓」について
下記、転記します。

大野耐一の鬼十訓

内容がポイントをついており、とても勉強になります。
----------------------------------------------------------------------------
第1訓
君はコストだ。まずムダを削れ。それなくして能力は展開できない。
ムダは隠れる。仕事の隠しごとをまずやめよ。
小さな数字を集めろ。大きなムダが見えてくる。
過去の数字で計画を立てるな。過去のムダを引き継ぐことになる。
生産性で自分をはかれ。忙しさは生産性ではない。
モノをつくるのではなく、「必要なモノをつくる」。

第2訓
始めたらねばれ。できるまでやめるな。中途半端はクセになる。
わかったつもりになるな。「まだ」に発見がある。
応急処置を避けよ。「その場でとことん」をクセにしろ。
「できるかぎりやる」でなく、「できるまでやる」んだ。
満足しても慢心するな。自信があっても過信をするな。

第3訓
困れ。困らせろ。安易を好む人と決定的な能力格差がつく。
大増産を小増員でやれ。成長の秘密

電通の鬼十則

奥深く、そしてビジネスをする上で
とても大事なことが凝縮されています。

最初から全部実行するのは難しいですが、
覚えておいて損はないと思います。

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。

3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。

6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

 

おすすめの記事