ビジネスで身だしなみに気を配ることはとても重要なことです。
(断言します。)

あまり、やり過ぎるといやらしいですが、仕事ができる人は、清潔感があるおしゃれな方が多いと思いませんか。

私は今では、身だしなみについて意識するようになりましたが、昔は、本当に身だしなみについて無頓着でした。

ビジネスの身だしなみ

身だしなみに気を使っていないとき

当時の私は、

自分のサイズに合っていないダボダボのスーツ。

ツヤが全くない汚れ傷だらけの黒靴。

寝癖がついたままのボサボサ頭。

ワイシャツもネクタイもヨレヨレ。

という仕事ができるオーラはひとかけらもないような身だしなみをしていました。

普段着は、結構おしゃれに気を使っていたのですが、会社に着ていくものについては、まったくお金をかけていませんでした。

記事でおおげさに書いているのではなく、本当のことです。

身だしなみに気を使うようになって

しかし、会社で出世することを目指そうと思ったときに考え方が180度変わりました。

普段着は、土日の2日間しか着ないのにスーツは週の大半を着ている。

それならば、会社に着ていくものにお金をかけるべきではないかと思うようになりました。

会社で身だしなみに気を使っていないときは、

周囲からの視線に1ミリも入らず、周りにいる同僚が女性社員と仲良く話しているなか、自分は全く蚊帳の外状態でした。

俺は、普段着に力を入れてるから、会社の格好はどうでも良いんだ。

という訳のわからない開きなおり状態でした。

でも、身だしなみに気を使うようになってからは、以前と比較して一気に周囲の視線が自分に向けられるようになりました。

そして、同僚からは、「おまえ、最近なんかオシャレになったな。」と言われるようになり、以前と比べて一目置かれる存在になったのです。

中身が一番大事ですが、中身を見てもらう上でも、外見は大事

最終的には、中身がもちろん最重要なのですが、中身を見てもらう過程で外見は非常に大事です!!
(ちなみにですが、恋愛も同じだと思います。)

そして、身だしなみに気を使い始めてから、社内でメキメキと頭角を現してしていくことができたのです!

身だしなみをどう変えたのか(スーツ)

それでは、参考までに私がスーツをどのように変えていったか。を紹介します。

①まず、楽だったのでダボダボのスーツが好きだったのですが、周りのオシャレな人、雑誌を見ると共通するのが自分の体系に合った細身タイプのスーツでした。

ダボダボのスーツよりも細身のスーツを着ているほうがスマートに見えますし、オシャレに見えます。

②スーツの色は、以前は、ブラックしか持っていませんでしたがオシャレな人は、グレーとネイビーをうまく着こなしていますので私も、黒・グレー・ネイビーと3色揃えました。

ブランドにこだわると更に良いとは思うのですが、お金もかかりますので、私は特にブランドにこだわっておらずオシャレで廉価なショップで買い揃えました。

細身のスーツでブラック・グレー・ネイビーをうまく着まわす!!
はっきり言ってこれだけで今までの雰囲気と全く変わってきます。

マネキンの一体買いはおすすめ

よく言われるのは、わかりやすいのはマネキン一体買いですね。

自分で色々コーディネートすると、ついつい自分の今までの趣味で選んでしまいます。

そこで、自分が良いなと思ったマネキンが着ているスーツ、シャツ、ネクタイ、靴を丸ごと同じものを買う。

試着は必要ですが、基本的に店員さん(プロ)がマネキンのコーディネートをしていますので、間違いないです!

外見を変えることで自分に自信が持てる

外見が変わると『自分に自信』が持てるようになります。

自身が持てるようになると、ほんとにめちゃくちゃ大きいです!!!

『外見を変えることにより自分に自信を持てるようになる。』

自信を持って行動することで今まで見ていた世界がガラガラと音を立てて崩れて、そしてあなたの前に今まで見たこともないキラキラとした世界が広がりはじめるのです。
(少しおおげさですが。また、もちろん、自意識過剰はアウトです。。。)

以前であれば、女性社員と話をしても、

自分:『すみません。この請求書ですが、○○会社に送っておいてもらっても良いですか。』

女性社員:『分かりました。送っておきます。』

自分:『よろしくお願いします。』

という必要最低限の仕事の会話で終わってましたが・・・身だしなみを整えて自分に自信を持って行動することで

自分:『すみません。この請求書ですが、○×会社に送っておいてもらっても良いですか。』

女性社員:『分かりました。送っておきます。』

自分:『よろしくお願いします!そういえば○×会社って他にもうちの会社と関係があるのですか?』

女性社員:『そうですね。山田部長も○○で関係がありますよ』

自分『そうなんですね!山田部長も○×会社と関係してるんですね』

という感じです。

ここから、更に山田部長の話を膨らましていっても良いですね。

上記の会話って一見、ミジンコくらいのすごく小さな変化にも思えるのですが、この小さなやり取りの積み重ねがモンスター並の大きな変化を生むのです。

具体的には、話を発展させたことで、女性社員とも話しをしやすくなり、社内情報を手に入れることができるようになります。

もし、何かのタイミングで山田部長と話をする機会があった際に取引先の話をすることで山田部長との関係性も広がります。

そして、その中で色々な情報を手に入れることができるようになるのです。

身だしなみを整えること。

この意識を変えたおかげで私は、役員まで昇格でき、以前と比較すると考えられない年収をいただいています。

もし、身だしなみの意識が低いままであれば、私はその他大勢の一人として埋もれて、いつ左遷させられるか毎日ビクビクしながら仕事をして、話をするときも自信のないガチガチにこわばった表情になっていたことでしょう。

最初、雰囲気を変えるのに多少の恥ずかしさはありますが周りの目は2、3日過ぎればそれが普通になりますよ。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事