仕事をするとき、80%の完成を目指すのか。

100%の完成を目指すのか。

によってあなたに対する仕事の評価は当然のことながら変わってきます。

もちろん、100%を目指すことが良い結果を生むのは言うまでもありません。

『80%は人並み。』

『100%は良い』という感じです。

人よりも早く出世しようと考えるのであれば、
あなたは、『100%は良い』で終わってしまってはダメです。

120%の結果を出すことであなたの評価は劇的に変わる

80%の結果でもなく

100%の結果でもなく

あなたは、『120%』を目指して仕事をして、そしてそれを完成まで持ち込むのです。

このマインドを持つことが出世をする上でとても大切です。

120%の結果を出すことで、

上司から

『あなたの仕事は素晴らしい。』

『コイツは、飛びぬけてるな』

と思わせることができます。

皆と同じでは、当然ながら評価も平凡ですので、出世スピードは遅いです。

80%、100%の結果でも何もやらないよりは100倍すごいことですが、

120%の結果を出すこと、つまり上司の想像を超えた結果を出すことであなたの評価は一気に高まります。

昔、ジェームス・スキナーの講演でこんな話を聞いたことがあります。

10回の腕立て伏せをするときに一番力がつくのは何回目の時ですか?

8回ですか。それとも10回ですか。

・・・。

少し間を置いてジェームスは言いました。
『12回目です。』と。

最初に8回と10回の腕立て伏せって言ったじゃん!

という思いは少しありましたが、

結果を出している人の思考は既成概念に捉われない

こういうところがポイントになってくるんだ。

と目からうろこが出たことを今でも覚えています。

仕事で120%の結果を出す方法

では、どうやって仕事で120%の結果を出すのか。

それは、自分の基準を上げること。です。

『自分の基準を上げる』方法は、何度も何度も潜在意識に言い聞かせて刷り込んでいくことが大切です。

そして、仕事を作業として捉えずに、常に考えて仕事をすることです。

・この仕事の主旨は何だろう。

・この仕事の目的は何だろう。

・上司は何を求めているのだろう。

と考えて仕事をすることです。

そして、自分の意見を持ったうえで、

わからないことや質問があれば、早めに『上司に聞いてしまうことです。』

これは、当たり前の話なんですけど、とても大事なことです。

聞かないで、まったく違った資料を作ってしまうと、

双方の時間がもったいないです。

ただし、何も考えず(自分の考え・意見もなく)ただ考えるのがめんどくさいから聞くのは論外です。

『分からなければ自分の考えを持った上で聞く。』ことが重要です。

聞き方として一例を挙げると

頼まれている資料を作成するうえで、良い資料を作成したいと考えているのですが、私はこのように考えておりますがどうしても、〇〇のイメージが分からないのですが。教えていただけないでしょうか。

そうすると上司は、きっと喜んで教えてくれます。

正確性と同じくらい、スピード感も重視する

ここで一点ポイントがあります。

完璧な資料を目指してしまい、時間が異常にかかってしまうのはダメです。

なぜならスピードは、資料の正確性と同じくらい大切だからです。

時間も常に頭に入れておく。

資料の精度とスピードのバランスを考えることも非常に大切です。

『自分の基準を上げる。』

今まで80%でいいだろう。と思っていた人は、是非、明日からは基準を上げること(120%)を意識して仕事に取り組んでみてください。

当然のことですがあなたの評価は、みるみる上がっていきます。

おすすめの記事