変化を恐れない。こと。

多くの人は、変化することを嫌がります。

なぜ、変化をすることを嫌がるかというと、

人は今やっていることを継続することの方が楽で、何か変化させようとすると、めんどくさいからです。

何か新しい取り組みを提案しても敬遠したり、拒否反応をする人は、あなたの会社の中でも多いのではないでしょうか。

世間は常に変化をしている

一方で世間は、常に変化をしています。

近年は情報インフラの発達により、変化のスピードもどんどん速くなっていますので、

あなた自身や、会社が「現状維持」の場合、周りが進化しているため、相対的にみると衰退していくことになります。

会社が衰退していくと、当然会社は存続できなくりますので、会社は常に変化をしていかなければいけません。

そして、会社が変化しなければいけない。

ということは結果的にそこで働いている「人」が変化しなければいけない。ことになります。

常に変化をし続けられる人が強い

これからの時代は、これまで以上に、常に変化をし続けられる人がますます求められるようになってきます。

変化に柔軟に対応できる人になることが大事ですが

もう一歩進んで、

「変化を自ら提案できて、先頭に立てる人」

になることが大事です。

現状を変化させるときに注意すること

実際に現状から変化をさせようとすると、周囲との調整も大変です。

変化をすることで始めは、失敗することも多く、責任はあなたに降りかかり、精神的にも大変です。

しかし、失敗の経験を積むことで

あなたの経験・スキルは飛躍的にあがりますし、

失敗→成功のサイクルに慣れてくると

失敗は成功の一過程だと思えてきて更に、自分のブランドが上がってきます。

評論家で、言い訳をして何もしない人が多い

変化をする時に、

いちいち言い訳をして

何もしない人も多く

そういう人に限って評論家みたいなもっともらしいことを言ってきますが、

本当に必要な人は、変化を恐れず、先頭に立って行動をする人です。

突っ走ることは大切ですが、事前の報告・連絡・相談はとても大事になってきますので、行動を起こしながらも行動をするときに、適切なタイミングで報連相することがポイントになってきますね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事