今回の記事は、サラリーマンの明文化されたルールの他にある

「非明文化されたルール」と「サラリーマンのお客様」について書きます。

最初に書いておきますと、

今回の内容を知ること、割り切ることは出世をする上で、とても重要ですが、若干抵抗を感じる人もいるかもしれません。

また、伝えても「ふーん。そうなんだね。」

で終わってしまい、

とても重要なことにも関わらず、腹落ちしないで終わる可能性もあると思ってます。

しかし、

出世をして、会社で大きな成功を手にするためには、

今回、お伝えする概念を深く理解することがとても重要になります。

ということを踏まえて「サラリーマンのお客様」について書いていきます。

そして、今回の記事の内容を理解し、実行すると、

今まで以上のスピードで出世することが可能になります。

読んでみて自分は少し違うな。

と思えば今まで通り頑張っていけば良いと思いますが、意識している人と比較すると正直出世するスピードは
落ちると思います。

明文化されていないサラリーマンのお客様とは

それではシンプルだけど、なかなか明文化されていないサラリーマンのお客様は誰なのか?

もちろん、サラリーマン(会社)のお客様とは、取引先であったり顧客ですよね。

これは当たり前なのですが、もう一つ明文化されていないサラリーマンのお客様は、

「自分の会社の社長」です。

自分の会社の社長が、お客様であるという考え方を持つことが実は大事なのです。

誰が自分に給料を払ってくれているかというと、真っ当な回答は、お客様(顧客)です。

一方で、

現実問題として、給与の出所は会社となり極論、最終的には社長です。

この考え方は、冒頭に書いた通り、正直、割り切りが必要ですが、

社長をお客様と捉えて、社長のために最善を尽くす。

という思考で日々の仕事に打ち込むと仕事への取り組み方が大きく変わってきます。
(結果的に本当のお客様に対してもサービスが上がることになります。)

上ばかりを見ていると足元をすくわれる

ただし、上ばかりを見過ぎないことです。

難しい感覚なのですが、

・取引先、顧客

・一緒に働いている従業員のこと

はもちろん考えた上で、

社長をお客様と考える位の仕事の仕方が必要になってきます。

それでは、その為にはどうやって仕事を進めていくかというと仕事スキルを高めていくしかないですが、

社長がお客様という考えを頭に入れて行動するかいなか。

で行動の仕方は、変わってくることは間違いないのです。

就業規則・規定は従業員9割のルールと考える

どの会社にも就業規則はあると思いますが、

就業規則は全体の従業員9割のルールであって、

上層部1割の方は、当てはまらないと割り切ったほうが良いです。

ここでも割り切りの考え方が大事です。

考え方は、ルールは原則であって例外はある。

なぜ上層部は、

『ルール通り動かないんだ・・・』

とか考えてるうちは、うまくいかないです。

『全部がルール(規則)どおりに動くことは難しい。もっと言ってしまうと有り得ない。』

上記割り切りった考えを理解することであなたは上位1割に入る確率が高まってきます。

上層部の方は、責任の重さが変わってきますので就業規則に融通があるのは仕方がないことだと思って割り切ったほうがうまくいきます。

考え方としては、ルールは原則であって例外はある。ということです。
(この考え方が一般論的に良いかどうかは別として。)

サラリーマンの非明文化されたルール

明文化されたルールと非明文化されたルールが混在しているなかで上記の考え方を常に意識すること。

サラリーマンのお客様は、『社長』という視点を持つこと。

を明日から意識して行動を変えてみてください。

最初はしっくり来ない点もあると思いますが、

考え方を変えることで、上からの評価は間違いなく変わってきます。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事