今回の記事で、モデリングの重要性と守破離について解説します。

とても大切なことを書きますので、ぜひとも最後まで読んでいただければと思います。

自己啓発本を読んで著者の経験した時間を買う

あなたは出世しようと決断しました。

それでは、次にやることは何でしょうか?

それは、『学習』することです。

私は、自己啓発本を片っ端から読み漁りました。

私が本を読もうと思った理由はなぜか。

本は、著者が何十年もかけて経験をしたことを一冊の本にエッセンスをまとめてくれていますので、言わばその人の人生の結集ということを知ったからです。

何十年分の知識・経験が1500円位で手に入るのです。

そう考えた時に、本の価値がとても高まりました。

まさに、時間を買う感覚です。

『失ったお金は取り戻せますが、 失った時間を取り戻すことはできません。』

時間は、それくらい大切なもので極論、時間=命です!

世間一般でお金を稼いでいる方は、

時間をお金で買うという感覚を持っている方が

とても多く、本を読んでいる方が圧倒的に多いです。

今まで全く本を読んでない人はまずは本屋に行ってみる

当時の私がそうでしたが、今まで全く本を読んでない人はどうすればよいか。

とても単純ですが、まずは本屋に行ってみる。

あれこれ考えてないで行動することが大事です。

そして、今までなら『どうしようかな。』

と思ってて買わなかった本を、とにかく『買う』こと。

この感覚が良いです。

今でもそうですが、私の場合、

自分に合わないと思った本は最後まで読まない

途中まで読んで自分に合わないと思ったら無理に最後まで読まずに次の本を読みます。

お金がもったいない気もしますが、

お金がもったいないという概念で読んで一冊読み終わるよりは

読む本を増やしていくことをオススメします。

本を読んで良いと思ったら、行動をすることが大切

本に投資したお金は、経験上、給料に形を変えて必ず戻ってきます。

ただし、一つ条件があります。
それは、とても当たり前のことですが、

読んで良いと思ったら『行動を変えることです。』

本を読んで知識を得ても行動を変えなければ全く意味がありません。

これから先の人生何も変わらないでしょう。

行動しないと失敗はしないが、成功もしない

失敗したっていいんです。

はっきり言って、人生は早く失敗したもん勝ちです。

たいていの失敗は、あとから話すと良いネタになります。

行動しないと失敗はしませんが、成功も成長しなくなります。

私はそう考えて日々行動しています。

モデリングの秘訣は徹底的にパクること

学んだ知識を実践することであなたのスキルになるのです。

本を読んでモデリングするということです。

モデリングの概念はとても大事です。

モデリングをマスターすれば、あなたが何か新しいことを始めようとした時に他の人の数倍のスピードで物事をマスターできるようになります。

逆に、モデリングの概念を知らないと人生において大切な時間を浪費してしまうばかりか、いつまで経ってもうまくいかずなげくことになるでしょう。

ここからは、モデリングについて突っ込んでいきましょう。

モデリングとは何か

具体的にモデリングとは何か。

本を読んで本の内容をモデリングすることも効果的ですが、

一番効果的で時間が早いのは、あなたが得たい結果を得ている人を探してその人の言動を真似することです。

重要なポイント、ただ真似をするのではなく、『徹底的にパクる』ことが大事です。

例えば

仕事で資料を作る場合、

どういうフォームにしようか?

とイチから考えるより

以前に使ってうまくいった資料はないか?

本の中から参考になるフォームはないか?

と考えます。

もちろん他の人が使ったものでも良いです。

その場合、全て同じにしてしまうとさすがにまずいですが、参考にして資料を作っていくことによって、一から作るよりも短時間でクオリティが高く、かつオリジナリティが十分に発揮できる資料が作成できます。

資料を例に挙げましたが、これは何でも使えます。

憧れの上司や先輩がいれば

上司、先輩の言動、外見、表情をよく観察してそれを徹底的にパクるんです。

何度も言いますが、一部分を真似るような中途半端はダメです。

最初は徹底的に真似をすることが大事です。

なぜ、徹底的にマネすることが大事なのか。

理由は、その人がうまくいっているポイントがどこかにあるのですが、どこにあるか最初は分からないと思います。

実は成功のエッセンスは、

一部分にあって、他のところは

真似をしてもあまり意味がなかったり、

部分部分では意味はないのですが、それがつながることで全体としての流れができ、成功する秘訣になることが多いのです。

ジェームス・スキナーはこれを『違いをもたらす違い』と表現していますが、まさにその通りだと思います。

『違いをもたらす違い』を見つけることが最大のポイントで、見つけるには徹底的に真似することが結果として一番の近道です。

ポイントが分かれば他のものはオリジナリティを出していき、自分のものにしていくのです。

おっ。結構カンタンそうだな。と思いますが、

ここで一つ助言を。

うまくいっている人、よくできている資料を徹底的に真似することにはそれなりの技術が必要になってきます。

カンタンに真似するといっても真似するために多くを学ばなければいけないのです。

そして真似する過程で学んだスキルを自分のものにしていく(オリジナリティを出す)というイメージです。

矛盾しているようですが、最後は自分らしさが大事だったりします。

一度、このモデリングするスキルを覚えてしまえばあとはどんどんモデリングにはまることによってあなたは数々のスキルを短期間で身につけられるようになるのは言うまでもありませんね。

モデリングの秘訣は、守破離にあり

モデリングを言い換ると「守破離」にとても近いニュアンスとなります。

守破離とは

守破離とは、武道や芸能などの世界で良く使われる言葉で人が成長する上で重要なステップを示しています。

ビジネスの世界に置き換えて説明しますと。

『守』
最初の段階では、とにかく徹底的にルールを守ること。
そして、先輩、上司の言うとおりに行動して(まねして)
先輩、上司の価値観を自分のものにしていくことです。

『破』
次の段階で、先輩、上司の話しを守るだけではなく、
少し破る行為をしてみる。
自分独自(オリジナリティ)を出した方法を提案して試してみる。

『離』
最後の段階では、自分自身で学んだ内容をさらに発展させる。

守破離の中で大事なのはとにかく『守』の部分です。

守の期間がとても長くポイントになりますので
感覚的には、守守守守守守守守破離のイメージです。

少し大げさですがそれ位、最初はとにかくルールを守ること。

成功している人の話を聞いて、素直に行動することが大事です。

守のタイミングでは、いたずらに勝手な行動をとっても認められず、あなたの成長を遅らせるだけです。

逆の立場で考えれば分かると思います。

Aさん・・・あなたが誰かに教えた時に、素直に教えたことを実践してくれる人。

Bさん・・・人の話をちっとも聞かずにいきなり、自己流でやろうとする人。

A、Bの後輩がいればどちらが、かわいいでしょうか。

どちらにもっと教えようと思いますか。

私なら迷わずAさんです。

Aさんは、きっと順調に成長していくことでしょう。

Bさんは、よほどの才能の持ち主、天才でない限り成長は遅くなるのではないでしょうか。

私は、これまでたくさんの人を見てきましたが、

仕事ができる人の共通点は、人を真似ることが上手なことです。

まず、徹底的に真似をして、次に自分のオリジナルを混ぜて、最後に、新しいものを作っていくということです。(ここで自分らしさを出す!)

『守』の期間がとても大事で、自分が考えているよりも長いということを意識してください。

守から破になるタイミングを常に意識しておくことが大切

一方でこのバランスも大事なのですが、守から破になるタイミングも常に意識をしていくことが出世をする上で大事になってきます。

再度、逆の立場で考えてみてください。

ある程度まで、仕事を教えて、自分の教えた通りにやってくれて、信頼できる後輩が、

あなたの考えを取り入れながら、改善の提案をしてきたらどう思いますか。

私ならとても嬉しいです!

私の考えも守って取り入れてくれながら、

より良くしようとしてくれている提案は、

ぜひ!それでよろしくって言ってしまいます。

このタイミングが『破』のタイミングなんです。

ずっと『守』でいると、つまり守っていると出世するタイミングを逃してしまいます。

ですので、

ある程度のタイミングまで来たら

『破』を意識することが大事になってくることを覚えておいてください。

『離』については、

その分野では自分でも相当にスキルがついていますので、後は、タイミングを見て、決断をするだけです。

本への投資からモデリングそして守破離まで書きましたが、参考になる部分は、ぜひとも明日から、試してみてください。

この記事を読んで読みっぱなしは、本と同じでとてももったいないです。

実際に行動することが何よりも大事です!!

それもすぐにです。

人は、知識を得ても行動しないとすぐに忘れてしまいます。

逆を言うと行動することで記憶に残ります。

(行動して失敗したらなおさら残ります。そして、これが成功への近道となります。)

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事